美食の町神楽坂で、フランスはリヨンのお料理が頂けるカジュアルなお店。
2017-01-22-13-29-29

こちらの何が東京一かって、味と量に対するお値段
お昼は3千円込で、ミシュランガイドで一つツ星を獲得したお店のフレンチコースが頂けるんです
(ドリンクは一丁前の価格しますが。グラスワイン千円〜)

やはり休日ランチは予約がベター
3日前に席を確保出来ました。

お料理は現地寄りのしっかりとした味付けですが、重過ぎない仕上がり。
同じミシュランで言うと帝国のレ・セゾンよりは軽くて、五反田のおはら・スより素材とソースのバランスが考えられているからくどくないんですね。
更に一皿の量がちゃんとあるし、美味しいパンのお代わりもたくさんくれるからお腹いっぱいになれます!

ブションという名の通り、そのカジュアルな店内は恐らく現地のお店をイメージしたであろう作り。オーバカナルのよう。
大きなガラスから陽光が差し込める入口付近の席が気持ち良い。
二階もあるようです。

ミシュラン星付きでもここまでカジュアルなお店はかなり珍しい。というか初めてかもしれません。

▼休日ランチは二部制。
11:30〜13:10
13:30〜15:10
予約時間より前に来てもお店に入れないとのこと。

▼メニューはプリフィクスコース2種とお任せコース。
(平日は2千円のショートコースあり。)
2017-01-22-13-34-352017-01-22-13-34-302017-01-22-13-34-26

Dejeuner 2,992円込
前菜/メイン/デザート&カフェ
朝食の量じゃないですよw フランスすごいw 


あれ、ドリンクメニューは料理をオーダーした後に来ました。
頼んだ料理に合わせられるからそっちの方が良いですよね。

・まずバゲットがサーブされます。

冷たくてもモチっと美味しいバゲット。
恐らくそば粉が入っていて、同じミシュランで言うと市ヶ谷のシェオリビエのバゲットに似てる。あちらより酸味が少ないです。
しかも1cutが大きい上に、無くなったら何も言わなくても即秒サーブ
また別注したオリーブオイルもちょー美味しい!しかもたっぷりくれました!
もうパン好きにはたまらなーい!
言うなれば、これ系のバゲットは温めるともっと美味しくなるんです!
温めてほしいけど、この価格で即秒サーブのスタイルじゃあわがまま言えないよな〜w

エスカルゴのタルト ニンニク風味のカプチーノソース

下から、パイ生地、トマトソース、エスカルゴ、ハーブの四層。
添えられているミルクとニンニクのソースで頂きました。

ハーブは単体で頂くと少し苦いのが嫌ですが、全体で食べると全然気にならない。
なぜなら、ハーブの苦味×トマトソースの酸味×クリームソースの甘味が上手くマッチしているから!
ソースのニンニクは程よい程度で、はみ出ていません。
また、ぶよぶよエスカルゴ×ぱりさくパイ生地×しゃきしゃきハーブの食感のコントラストも素敵でした。
一皿目からフレンチの良いとこどりを見せ付けられ、テンション上がるしかない!

リヨン風クネル モリセットゥおばあさんスタイル ナンチュアソース

ほわっとした白身魚のすり身と、バターたっぷりの濃厚な甲殻類のクリームソースが美味しいー(*^o^*)
ドロドロでも洗練された味わい、これぞミシュランクオリティ✨
特に女性ウケしそう。
下にはお米が入っていてリゾット風。

パスタと絡めても美味しいだろうな♡
同じく銀座にあるリヨン料理のイザシ・ワキサカのクネルもかなり美味しかったですが、あちらよりバターが多くて甘めの仕上がりでした。

リヨン名物のタルトプラリヌとウフアラネージュ

カスタードのスープに浮かんだメレンゲにタルトが添えられています。
一つ一つが美味しいから文句無し!

同行者が選んだ「ムースオショコラ 洋梨の冷たいカプチーノ仕立て」も濃厚で美味しかったです。
ビターチョコで、ほんのり洋酒がきいていました。

コーヒー

エスプレッソ・コーヒー・紅茶から選択。
デザートのすぐ後に持ってきてくれました。
コーヒーは濃い
私はアメリカンで良いかなー。 

以上3品1.6h.
時間が決められていても、急がずゆっくり食べられました。

Service
・他店との違いは、 おしぼりとバターが出ないこと。 
なのでお手洗いが混みます。 
・若めの男性店員さんのみでした。
お店の開放感に反して暗めな感じだけど優しい。

Others
お肉料理メインでお魚料理が少ない事が個人的に残念…
お昼は、お肉以外の前菜はエスカルゴ一種だけという…泣
追加料金で融通ききそうですけど。。
・店前のテーブル席に灰皿がありました。


クリックしてくれると励みになります。